December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カシミアとシルクの贅沢ストールに、スワロフスキのストーンもついてるんです。

今日は素敵な パシュミナ 大判ストール のご紹介です。 

ただいまセールプライスでご案内中です。



素 材:カシミア70%+シルク30%。 + スワロフスキ クリスタル 。
サイズ:200cm x 70cm。
生産国:ネパール。
仕入元:イギリス。
生産国はネパールなのですが、イギリスで流通しているこちらのアイテムを、イギリスからお取り寄せして販売しております。



カシミアとシルクのストールです。 天然の素材が持つ、素朴な優しさをお楽しみいただけます。

そこに、人工的なスワロフスキラインストーンの輝きを合わせています。 

天然素材と人工物のコントラストが、とても贅沢な感じです。


多様なテイストを、上手に着こなせる、「大人かわいい」素敵アイテムです。




ドレスアップしたいときには、”上質なもの”を選びたい。

ストールなら、カシミヤやシルクなどちょっと上質なもので、
ストーンやビーズや刺繍などのドレッシー感のあるものが使いやすい。


それでいて、ドレッシーな上質アイテムをカジュアルに使っちゃうのも「大人かわいい」。





ここで少し、ウィキペディアのお力をお借りして、「パシュミナ」のご説明です。 

パシュミナ素材
パシュミナは、カシミヤ繊維等を糸に紡ぎ、織り上げた、ネパールやインドで伝統的に作られてきたストール・ショールおよびその素材を指す。
非常に弱い糸から生地を織り上げるため、ネパールで古くから経糸にシルクを用いている。
一般的なカシミヤストールは、カシミヤ繊維の持つ縮充性を利用してフェルト化させた生地を用いるが、パシュミナストールは、カシミヤ繊維を糸に紡ぎ、織り上げるため、生地が薄く、光沢感が高いと言う特徴を持つ。 近年、そのファッション性の高さから、欧米や日本等の先進国を中心に流行したため、それらの地域ではパシュミナという名称が一般化された。
パシュミナストールの素材もまたパシュミナと呼ばれる。伝統的には、パシュミナはヒマラヤ山脈に生息する カシミヤ山羊 およびその近似種から採取された素材とされているが、明確な定義が無いため、現在は低ランクのカシミヤ繊維やウール繊維で作られたものが主流となってしまい、化学繊維のものまでパシュミナとして販売されていることがある。




ただいま 30%オフ の セールプライス でご案内中です。

これからの季節に大活躍のアイテムです。

ギフトとしてもオススメの、贅沢アイテムですので、
よろしければこの機会にお求めおき下さい。。。







  男性の皆様。
クリスマスギフトにオススメのアイテムですので、チェックしておいて下さいね。
 
1234>|next>>
pagetop