October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

小さくっても

長らくお休みしておりました。

もう、言葉がありません。ただただ、前に進む。それだけですね。
共に、すすんでまいりましょう。

昨日、アメリカのドギャードから小包が届きました。
取り寄せはしていないはずなのに。。。と思いながら開封すると、
メッセージとネックレスが入っていました。

"The entire global community has been touched by the events
in Japan. Your loved ones and you are in our hearts and
prayers during this difficult time. We're sending you this little
token to remind you that you have angels all over the world
ready to help you heal."

思いがけないメッセージに、感動です。

そもそも、ドギャードがアメリカでブームになったのは、

 「 ヒモが切れると願いが叶う 」

と、ロスの10代の女の子の間で流行ったものを、若いハリウッドセレブが身につけ、それがメディアで取り上げられて一気に世界的にブームになりました。
日本では、CanCamモデルがプライベートでも身につけている事なんかをきっかけに、ブームに。

流行り は 流行り として、ドギャードのもともとのコンセプトの根本には、
 「希望」 や 「癒し」
があります。

このネックレスにパワーがある、のではなく、「あなたの周りにはいつもパワーがあふれている事を忘れないで」というコンセプト。苦しんでいる人にお伝えしたいメッセージの一つですよね。

現地で苦しんでいる人にこのネックレスをお届けするのは、まだまだなかなか難しい状況ですが、ドギャードが日本にくれた気持ちだけでも、まずはご紹介しようと思いました。

ネックレスは、この1点だけではなく、ドギャードのヒーリングジェムなど私たちからの気持ちも添えて、どなたかにきっちりとお届けしようと思います。 




12345>|next>>
pagetop